cubit club GOODS オンラインショップ

現在のカートの中身:計 0 点 ¥0

カートをみる

ご注文には ログイン が必要です。

  • DVD
  • 【DVD】ナイロン100℃ side SESSION#12「ゴドーは待たれながら」※英語字幕on/offあり
  • ¥4,629(税込) 商品番号:CU-CU-0313
  • 2013年12月16日発売

    KERA演出で大倉孝二が初めて挑む一人芝居。いとうせいこう作の伝説の舞台がいま蘇る!


    サミュエル・ベケットの20世紀を代表する戯曲「ゴドーを待ちながら」を下敷きに、待たれている男の一人芝居を描いた、いとうせいこうの92年の傑作「ゴドーは待たれながら」。KERAが10年以上にわたり大倉を口説き、この伝説の舞台が蘇りました。 本作品にゴドー以外の人物として唯一登場する「声」役は、芸劇の芸術監督でもある野田秀樹。
    いとう×KERA×大倉×野田の最強の布陣でお届けするナイロン100℃結成20周年記念企画第二弾。

    ―「ゴドーを待ちながら」では、二人の男が正体不明のゴドーを待っている。
    「ゴドーは待たれながら」では、ゴドーは何者かに待たれている。
    だが、ゴドーは誰が、何時、何処で、自分を待っているのかを知らない。
    そもそも、今いる場所が何処なのか、今日が何曜日なのかもゴドーは知らない。
    「縛られてるのか? 知らせを待って? …待たれているのは俺だというのに?」
    “誰かに待たれているはず” のゴドーは、今日もただ自問自答を繰り返す―

    作:いとうせいこう
    演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
    出演 : 大倉孝二
    声:野田英樹

    【特典映像】(内容は予定です)
    ★大倉孝二×KERA×いとうせいこう アフタートーク収録
     4月9日(火)東京公演
     4月21日(日)大阪公演
     4月25日(木)名古屋公演
    ★1992年、きたろうの初演時舞台映像ダイジェスト収録

    ※英語字幕 on/off あり

    ◎公演日程
    【東京公演】 2013年4月6日(土)〜14日(日)/東京芸術劇場 シアターイースト
           (4月5日(金)プレビュー公演)
    【大阪公演】 2013年4月21日(日)〜23日(火)/ABCホール
    【名古屋公演】 2013年4月25日(木)/テレピアホール
    【仙台公演】 2013年5月1日(水)/仙台市民会館 小ホール
    【盛岡公演】 2013年5月3日(金・祝)/盛岡劇場 メインホール
    【水戸公演】 2013年5月4日(土)・5日(日)/水戸芸術館ACM劇場

    ◎収録日 2013年4月9日 東京芸術劇場 シアターイースト
    Nylon100℃ side SESSION #12 “Godot on being awaited”

    The one-man play which Koji Okura tried first time ever with Keralino Sandorovich’s direction. Seiko Ito’s legendary stage revives at last!


    Based on one of the best plays of the 20th century; Samuel Beckett’s ‘Waiting for Godot’, Seiko Ito brilliantly depicted ‘a man who is being waited’ in 1992. Sandorovich put the move on Okura for more than 10 years, and finally the legendary play revived in 2013. Hideki Noda who is the artistic director of the Tokyo Metropolitan theatre provides the voice of a character on this stage.
    The second stimulating project to celebrate Nylon 100℃’s 20th anniversary with the most powerful lineup of Ito, Sandorovich, Okura and Noda.

    [Synopsis]
    “In the story of ‘Waiting for Godot’, two men wait for the unidentified person Godot. In ‘Godot on being awaited’, Godot is being awaited by unidentified existence. However, Godot knows nothing about who waits him, when and where. Godot doesn’t even know where he is and what day it is in the first place. [Am I tied up here? Waiting for some notice? Even though I’m the one being awaited?] Godot who is supposed to be awaited repeats asking himself a question on his own.

    Book by Seiko Ito
    Direction by Keralino Sandorovich
    Cast; Koji Okura
    Voice; Hideki Noda

    *English-subtitled