cubit club GOODS オンラインショップ

現在のカートの中身:計 0 点 ¥0

カートをみる

ご注文には ログイン が必要です。

  • OTHER
  • 【完全ノーカット版戯曲付きパンフレット】『ゴドーは待たれながら』
  • ¥1,646(税込) 商品番号:CU-CU-0314
  • 今回上演用にカットされた箇所も掲載した、完全オリジナル戯曲を収めたほか、インタビュー、座談会、寄稿も充実。
    220pのボリュームで読み応えのある1冊です。お買い逃しのないよう、ぜひこの機会をご利用ください。


    サミュエル・ベケットの20世紀を代表する戯曲「ゴドーを待ちながら」を下敷きに、待たれている男を描いた、いとうせいこう作「ゴドーは待たれながら」。
    1992年に発表され、同年いとうせいこう自身の演出、シティボーイズのきたろうの一人芝居として上演された。そして、約20年の時を経て、ケラリーノ・サンドロヴィッチの演出、大倉孝二の出演で伝説の舞台が蘇る。

    ―「ゴドーを待ちながら」では、二人の男が正体不明のゴドーを待っている。
    「ゴドーは待たれながら」では、ゴドーは何者かに待たれている。
    だが、ゴドーは誰が、何時、何処で、自分を待っているのかを知らない。
    そもそも、今いる場所が何処なのか、今日が何曜日なのかもゴドーは知らない。
    「縛られてるのか? 知らせを待って? …待たれているのは俺だというのに?」
    “誰かに待たれているはず” のゴドーは、今日もただ自問自答を繰り返す―


    【内容】
    ・ケラリーノ・サンドロヴィッチ インタビュー
    ・大倉孝二 インタビュー
    ・いとうせいこう 寄稿
    ・きたろう×いとうせいこう×ケラリーノ・サンドロヴィッチ×大倉孝二 座談会
    ・「ゴドーは待たれながら」完全オリジナル戯曲
    ・野田秀樹 コメント
    ・佐々木敦 寄稿
    ・岡室美奈子 寄稿

    東京芸術劇場×キューブ共催公演
    ナイロン100℃結成20周年記念企画第二弾 ナイロン100℃ side SESSION
    『ゴドーは待たれながら』

    作:いとうせいこう
    演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
    出演:大倉孝二
    声:野田英樹

    ◎公演日程
    【東京公演】 2013年4月6日(土)〜14日(日)/東京芸術劇場 シアターイースト
           (4月5日(金)プレビュー公演)
    【大阪公演】 2013年4月21日(日)〜23日(火)/ABCホール
    【名古屋公演】 2013年4月25日(木)/テレピアホール
    【仙台公演】 2013年5月1日(水)/仙台市民会館 小ホール
    【盛岡公演】 2013年5月3日(金・祝)/盛岡劇場 メインホール
    【水戸公演】 2013年5月4日(土)・5日(日)/水戸芸術館ACM劇場