Daisuke Asakura Official Fan Club

会員規約

第1条(会員規約)

この会員規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社ダーウィン(以下「当社」といいます)が提供する浅倉大介 オフィシャルファンクラブ “Smile”(以下「当会」といいます)のサービスを利用する会員及び会員になろうとする者について適用するものとします。当会に入会した会員は、本規約の内容を理解し、承諾したものと見なします。

第2条(会員)

  • 本規約において会員とは、日本国内にて当会の指定する手続に基づき、本規約を理解し、承諾した上、当会所定の方法にて入会を申込み、当会がこれを承認し、入会金及び年会費を納入した個人としますが、当会の判断により、入会を認めない場合があります。
  • 会員及び会員となろうとする者は以下の各条件を満たすものとします。

    (1)入会の申込みの際に、氏名、住所、電話番号、e-mailアドレス、性別、生年月日その他一切の事項につき虚偽の申告をしないこと

    (2)日本国内で、かつ、国内郵便で配達可能な地域に居住する者であること

    (3)法人ではなく個人であること

    (4)過去に当会の退会処分を受けたことがないこと

  • 会員は以下の各事項を遵守するものとします。

    (1)当会の発行した会員証、会員専用ホームページにかかる会員番号及びパスワードを自己の責任において十分な注意をもって管理し、第三者に貸与、譲渡等しないこと

    (2)入会金、年会費を指定の期日までに指定の方法で当会に支払うこと

    (3)会員資格に基づき会員が有する権利を、第三者に譲渡したり、担保に供しないこと

    (4)氏名、住所、電話番号、e-mailアドレスその他入会申込み時に当会に届け出た内容につき変更が生じた場合は、速やかに当会の指定する方法で当会への届出を行うこと

    (5)個人で楽しむ以外の目的で会員の地位や権利を利用しないこと

    (6)当会が必要と判断した場合には、当会の求めに応じ身分証明書又はその写しを当会に提示すること


第3条(入会)

  • 当会は、別途定める方法にて会員となろうとする者の入会申込みを受け付け、必要な審査・手続等を経た後に入会を承認します。
  • 未成年者は、入会にあたり自らが親権者の承諾を得なければならないものとします。
  • 当会は、会員になろうとする者が前条第2項に定める条件を満たさないと判断した場合その他当会が会員とすることを不適当と判断した場合には、入会を承認しない場合があります。また、入会を承認した場合であっても、承認後に前条第2項に定める条件を満たさないことが判明した場合には、上記承認を取り消すことができます。

第4条(会員証等)

  • 当会は、会員に会員証を発行します。
  • 会員証を再発行する場合、会員は、所定の再発行手数料を、当会が別途指定する方法で、当会が別途指定する期日までに支払うものとします。
  • 会員は、会員限定イベントへの参加等会員限定のサービスを受ける際には、会員証を必ず携帯するものとします。当会又は当社が委託する者から会員証及び身分証明書の提示を求められた会員はこれに応じるものとし、これに応じない場合、又は会員証不携帯の場合は、イベント会場等から退出させられる等、上記サービスを受けられない場合があります。この場合、上記サービスを受けられなかった会員は、チケット代の払戻しやその他の賠償請求をすることはできません。
  • 事由の如何を問わず、会員が退会した場合には、会員証、会員専用ホームページにかかる会員番号及びパスワードは失効するものとします。

第5条(会費)

  • 会員は、入会時に入会金と年会費を、次条に定める会員資格の有効期間の延長時に年会費(以下総称して「会費」といいます)をそれぞれ支払うものとします。
    入会金:1,050円(消費税込)※入会時のみ
    年会費:4,200円(消費税込)
  • 前項に定める会費の金額、支払方法、支払期日等は、当会が別途定めるものとし、また、これを変更できるものとします。

第6条(会員資格の有効期間)

  • 会員資格の有効期間(以下「有効期間」といいます)は、毎月末日(収納機関から当会に対して通知される入金日を基準とし、以下同様とします)までに入会のご入金をされた場合は当月1日より1年間とします。
  • 会員資格の継続を希望する会員は、有効期間満了月の末日までに、次年度の年会費を所定の方法にて入金するものとし、入金が確認され次第、有効期間が1年間延長されるものとします。
  • 会員資格の継続を希望する会員で有効期間満了月の末日を経過した場合、継続猶予期間として有効期間満了月から6ヶ月後の末日までは継続手続きが可能です。
    この場合、有効期間満了月の翌月1日から、引き続き1年間を有効期間とします。
  • 継続手続きを行わず継続猶予期間を経過した後に再度当会への入会を希望する場合は新規入会手続きが必要となり、新しい会員番号が発行されます。

第7条(免責等)

  • 会員が第2条第3項各号に違反して、当会からの告知等を受領できなかったり、何らかの損害を被った場合には、当社及び当会は一切責任を負わないものとします。
  • 郵便事故等、当社及び当会の責に帰すことのできない事由により会員が当会からの告知等を受領できなかったり、何らかの損害を被った場合も、前項と同様とします。
  • 当会の運営に関する質問は、当会のみにて受付します。

第8条(禁止事項)

会員は、当会のサービスの利用に際し次の各号の行為を行ってはならないものとします。
  • (1)第2条第3項のいずれかに違反すること
  • (2)会員資格の売買、譲渡、名義変更、共有、第三者への貸与又は使用許諾等
  • (3)架空名義や虚偽、重複登録行為
  • (4)本規約に違反する行為
  • (5)当会を通じて入手した全てのデータ及び製作物(情報、文章、写真、音声、映像、イラスト等を含みますがこれらに限られません)を無断複製、転載及び再配布する行為
  • (6)アーティスト、当社、その他第三者の財産(知的財産を含む)若しくはプライバシーを侵害する行為、又はそのおそれのある行為
  • (7)アーティスト、当社、その他第三者を誹謗中傷し、その名誉又は信用を毀損する行為、又はそのおそれのある行為
  • (8)会員特典により得たチケットの先行抽選予約権、チケット、グッズ、その他会員としての資格に基づき有する権利を、インターネットオークション、インターネット掲示板や二次流通サイト等により第三者に転売する等、第三者に対し譲渡、貸与、名義変更する行為、又は質権の設定その他の担保に供する行為
  • (9)金券ショップ等のチケット店で当会が取り扱うチケットを販売する行為
  • (10)各都道府県の定める「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」により禁止されている「ダフ屋行為」を目的とする行為
  • (11)アーティストに対し連絡や面会を強要すること、又は当社及びその関連会社に対しアーティストへの連絡や面会を申し入れる行為
  • (12)当会を利用した、個人又は第三者の営利を目的とした活動及びその準備を目的とした活動
  • (13)当会を利用した、選挙運動・政治活動、宗教活動、又はこれらに類似する行為
  • (14)法令又は公序良俗に違反する行為、若しくは当会の運営を妨害する行為
  • (15)会員としての品位に欠けた行為
  • (16)前各号の他、当社が会員として不適当と判断する行為

第9条(退会等)

  • 会員は、当会からの退会を希望する場合、所定の方法にて当会に届け出るものとします。
  • 当社及び当会は、会員が退会するにあたり、会員が既に支払った会費及び当会のサービスを利用することにより発生した費用等の返還は一切行わないものとします。
  • 会員は、当会のサービスを利用することにより発生した費用等につき、退会の時点で支払義務が発生しているものについては、退会後もなお支払義務を免れないものとします。
  • 会員が第2条第2項に定める条件を満たさないことが判明した場合、また、会員が同条第3項又は第8条に違反した場合には、何らの催告なくして直ちに会員資格を抹消することができるものとします。
  • 当社は前項に基づき会員資格を抹消するにあたり、理由の如何にかかわらず、会員が既に支払った会費及び当会のサービスを利用することにより発生した費用等の返還は一切行わないものとします。
  • 会員資格を抹消された会員は、当社に対し、損害賠償請求等の一切の請求ができません。

第10条(サービス内容の変更)

当社は、会員に対し事前に何らかの通知を行うことなく、当会のサービスの内容を変更することができるものとします。 その場合は、当会所定の方法にてお知らせいたします。

第11条(通知と同意)

  • 当会から会員への通知は、郵送若しくは配送、電子メール、当会の会員専用ページへの掲載、その他当会が適当と判断した方法で行います。
  • 前項の通知を郵送若しくは配送にて行う場合、会員本人が当会に登録・変更を届け出た住所宛に発送するものとし、当会が発送物を配送業者に引き渡した時点また、前項の通知を電子メールにて行う場合、会員本人が当会に登録・変更を届け出たメールアドレス宛に発信した時点をもって、それぞれ通知が完了したものとみなします。
  • 当会の責に帰さない事由による通知の不達(配達業者における配達事故による不達、住所の未変更・誤登録による不達、メールアドレスの未登録・誤登録による不達、会員の電子メール受信設定・セキュリティ等に起因する不達及び会員又は会員が加入しているプロバイダ等(携帯電話会社、通信会社を含みます)の事情によるメール不達等をいいます)について、当社は一切の責を負いません。

第12条(サービスの停止)

当社は、アーティストの事情、当会の運営状況その他の予測できない事情により、会員に対し事前に何らの通知を行うことなく、当会のサービスを停止することができるものとします。その場合は、当会所定の方法にてお知らせいたします。

第13条(当会の解散)

当社が、アーティストの活動状況やその他の事情により、当会の運営を継続しがたいと判断した場合には、当会は解散するものとします。

第14条(個人情報)

当社は、個人情報に関する法令や別途定めるプライバシーポリシーに基づき、会員の個人情報を適正に取り扱うものとします。会員に関する個人情報を、当会のサービス以外の目的に利用しないとともに、第三者に開示することはありません。ただし、以下の場合はこの限りではありません。
  • (1)情報開示や共有について会員の同意がある場合
  • (2)当会のサービスを提供するために、情報の開示や共有が必要と認められる場合(当社が他社等に対し、当会にかかる会報・会員専用ホームページ等の製作・運営等を業務委託する場合を含みますが、これに限られません)
  • (3)法令に基づき裁判所、その他の司法機関及び行政機関等から会員に関する情報の開示を要求された場合

第15条(運営・管理の委託)

会員は、当社が当会のサービスを提供するにあたり、当会の運営や管理業務の全部又は一部を業務委託先へ委託することを、あらかじめ了承するものとします。

第16条(チケットの販売)

当会が取り扱うチケットの販売は、当会が適当と判断した方法により行い、会員はそれに従うものとします。また、会員は都度通知される注意事項等に従うものとします。

第17条(規約の変更)

当会は、会員に対し事前に何らの通知を行うことなく、本規約の内容を変更、追加、修正、削除することができるものとし 、会員及び入会申込者は予めこれを了承するものとします。その場合は、当会所定の方法にてお知らせいたします。

第18条(紛争の解決)

当会のサービス利用者間の紛争は、当事者間で解決するものとし、利用者は当社および各関連会社に対していかなる苦情の申し立ても行わないこととします。

第19条(協議)

本規約に定めのない事項又は本規約の解釈について疑義が生じた場合、会員及び当社は双方誠意を持って協議の上これを解決するものとします。

第20条(合意管轄)

会員及び当社は、両者の間で本規約につき訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。

付則 本規約は令和元年11月22日より施行します。